Raspberry Pi

眠っていた『Google Home』の使い道

本当に、本当に、本当に久しぶりのcHブログです。   ──2020年 『Google Home』の販売が終了し、新しく『Google Nest Hub』が登場。 『Google Nest Hub』を購入し、リビングのスマートスピーカーを入れ替えました。 そして、使わなくなった『Google Home』は、、、眠りについた。   ……いやいや。何かに使えないか? でも、使える場所(、置く場所)はない。 「これがあったら嬉しいなぁ」という物はないかな?   ……あった!! お店のトイレにある擬音装置『〇姫』。 これ、自宅にも欲しい!!! 眠りについた『Google Home』を起こす時がきたようだ。 昔、半額セールで思わず買ってしまった『人感センサー』 「勢いで買ってしまった」と思っていたけど、使い道があった!   さぁ、始めよう。 まずは『音〇』を作る計画を立てる。 ① 人感センサーとRaspberry Pi(ラズパイ)を接続 ② Pythonを使って、人感センサーを検知 ③ 検知したら「OK! Google!! 〇〇をかけて」と『Google Home』に依頼 ④ 『Google Home』に音楽を掛けてもらう   さて、③ をどうやって行おう?? ちょっとかっこ悪いけど、ラズパイから 「OK! Google!! 〇〇をかけて」の音声ファイルを再生して『Google Home』に音楽を掛けてもらおう。 (どうしても『Google Home』を使いたかったので、ラズパイから音楽を再生する方法は無しにしました) 「OK! Google!! 〇〇をかけて」の音声ファイルは、『VOICEPEAK』を使って作成。 やり方は回りくどいけど、成功しました!!...

Android ThingsをRaspberry Pi 3に入れてみました

今月、GoogleのIoT向けのプラットフォーム『Android Things 1.0』が正式版リリースになったので、 Raspberry Pi 3 にインストールしてみました。 Android Thingsのダウンロードは、こちら https://partner.android.com/things/console/#/tools Android ThingsのシステムイメージをSDカードに書き込む手順は、こちら https://developer.android.com/things/hardware/raspberrypi?authuser=0 手順通り行い、無事SDカードに書き込み完了。 その後、SDカードをRaspberry Pi 3に挿入し、無時起動完了。 起動後、ネットワークの設定、時間の設定を行い、MacからadbでRaspberry Pi 3に接続した所まで確認しました。 さて、我が家にあるGoogle HomeとAndroid Thingsで何をしようか・・・検討中です。。